設備・車両

ホイルローダー

ホイールローダーは、トラクターショベルのうち車輪で走行するもので、タイヤドーザーとも称呼される。
育成牧場で最も活躍している車両です。

主に土砂や砕石などの粉体または粒体物をダンプカーに積み込み込んだり、構内短距離運搬する作業で用いられている建設機械であり、油圧ショベルより一度に多量の土砂を積み込むことができる。
ゴムタイヤで走行するホイールローダーは四輪駆動であり、路面を掘り下げる能力を有し不整地や軟弱路面、急傾斜地を走行することが可能。
日本の法令ではショベルローダーは荷役機械、ホイールローダーは車両系建設機械(整地・掘削等)に分類されている。
操舵は前輪と後輪の間の車体が折れ曲がる中折れ式であり、軌跡は前輪と後輪が一緒であるため、内輪差や外輪差は発生しない。