スノー・フィード・サービスは、TMR飼料の製造・販売・配送および、循環酪農に取り組んでいます。

農地所有適格法人 株式会社スノー・フィード・サービス

TMR

スノー・フレッシュ・TMRセンター

更新日:

平成21年4月
南房総市和田町の酪農家5戸と昭和運送興業(当社)と雪印種苗㈱の3者が連携し、スノー・フレッシュ・TMRセンターが稼動を始めました。
TMRセンターの運営(TMRの製造、配達と飼料の受発注など)は当社、TMRの代金決裁は酪農協、飼料設計は共済の獣医師がそれぞれ担当しています。
毎日配送されるTMRセンターの稼動は千葉県内始めての取り組みです。

TMRは搾乳牛用の配合飼料です。
分娩があったり、乾乳になったり牧場ごとに日々の頭数が変化します。
前日中にスノー・フレッシュ・TMRセンターへ連絡を頂ければ、翌日の頭数分にTMRを変更することができます。

配送方法もフリーストール牛舎とつなぎ牛舎に合わせた方法で行っています。
フリーストール牛舎の場合、TMRセンターから一日2回配送し、ミキサー搭載の飼料運搬車で直接給餌いたします。
酪農家の方は、飼料調製と給与作業が不要になります。

つなぎ牛舎の場合、ダンプでの配送とミキサー搭載車での配送方法があります。
ダンプ配送では、TMRを受けるピットを用意して頂きます。
一日1回配送されるTMRを酪農家の方がご自身の作業時間で給与して頂きます。
配送時間に不在でも構いません。

ミキサー搭載車での配送は、配餌車(350リットル~600リットル)を用意して頂きます。
一日1回配送されるTMRを配餌車へ受け入れて頂きます。
この場合、ミキサー 搭載車の搬出装置が運転席で操作するため酪農家の方の立ち合いが必要です。

利用酪農家の皆様からは、次のような声を聞くことができました。

*飼料の給餌が1回になり労力が軽減できた。
*乾牧草がカットされTMRになったため、牛床にかき込むことがなくなった。
*飼料のムダがなくなった。
*設計されたTMRを給与することで泌乳量が増加し、疾病牛が減少した。
*繁殖成績も向上している。
*飼料調製作業から開放され労力が軽減できた。
*単味や配合飼料、乾牧草の在庫を意識する必要がなくなった。
*飼料保管庫の必要がなくなった。
*飼料撹拌機などの機械更新を考える必要がなくなった。

DSCF8679
TMRセンターに運び込まれる飼料

DSCF8655
センター内の飼料 オーツ、アルファ、クレイン

フォークリフトによる原料の投入

SH340089原料を適正に配合

DSCF8667均質に混合、裁断します

ミキサー搭載車へ配合飼料の投入

DSCF8628
サイロへの搬入

SH340111
飼料運搬車(ダンプ)での配送

お気軽にお問い合せ下さい。
TEL 0470-22-3255 担当:安田、平山
E-mail : info@showa-express.com

-TMR
-,

Copyright© 農地所有適格法人 株式会社スノー・フィード・サービス , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.