光照山 醫王寺 妙音院

   

◎御本尊:如意輪観、弘法大師、不動明王
◎宗派:南房総唯一の古義(高野山)真言宗
鎌倉法院・貞暁の開基と伝えられる。

天正17年(1589年)に里見義康公の発願により、高野山別院・里見家の祈願寺として安房国に開山、400年以上の歴史を誇る。
明治28年(1895年)上総国の前羽覺忍師と云う老尼僧が来山され「私は弘法大師を信心し、四国八十八ヶ所の霊場を遠くの地でも礼拝できる場を作りたいと願い、全国行脚しています。
夢で安房に霊山があるとのお告げを受け、房州各地を巡り来てみると夢で見たそっくりの場所を見つけました。 どうぞこちら妙音院に霊場を…。」
と当山住職に懇願し、一山全体に四国霊場を遷した「安房高野山八十八ヶ所霊場」が開基することとなった。
各所に一体一体、高野山住職の開眼法要を受けた石工作りの大師尊象がいらっしゃいます。
約二年の歳月をかけて開山されました。

この霊場の中の88番 弘法大師像の台石の波の彫刻は、義光80代の作品。
3番 尊像台石の波の彫刻も後藤義光の作といわれています。
義光が石に彫刻した作品です。

火渡り・護摩祈祷、大般若祈祷、おもちゃ供養などを行っています。

所在地:千葉県館山市上真倉1689(MAP)

 - パワースポット, 厄除け・供養 , , , , , , , ,